白髪に対する研究や対策

ある日、ふとした瞬間に見つけた白髪。白髪とは、髪の毛にある色素、メラニンが失われた髪のことを指します。

白髪は、病気が原因で起こることもありますが、それを除くと主な原因はやはり「老化」になります。女性が自分の白髪を意識し始めるのがだいたい40歳くらいです。身体の他の機能や組織の老化現象が始まる時期とも一致します。

しかし、白髪には他にも「遺伝的要因」であったり、「精神的なストレス」なども大きく関わってくることが知られています。また、年齢とは関係なく白髪になっていく「若白髪」といった症状もあります。

実は、白髪のできる理由について、大まかなことはだいたい把握されてはいたものの、詳細な部分まではなかなか解明されていません。2009年に日本の大学教授らのグループが白髪になる仕組みを解明した、とアメリカの科学誌に発表し、これは白髪に対する研究や対策への大きな一歩となりました。

この研究結果からもたらされたものが、実質的な白髪治療として一般的に広まるまで、この先10年程といった期間が見込まれています。それでも私たちが自分でできるケア方法や対策について、光が見えたところも大いにあります。

白髪にはいくつかケースがありますが、残念なことに、一度色を失った白髪をどうにかしても、色を戻すことはできません。白髪をなるべく増やさずに、健康な髪を育てていく必要があります。普段の髪や頭皮の健康に加え、髪に色をつけるためのメラニンをつくる「メラノサイト」の活動を後押しする食事の仕方や生活習慣を身につけていきたいですね。

白髪の主な原因

色素細胞「メラノサイト」が髪の毛に色をつくるメラニンを作り出すことで、髪には色が生まれます。白髪は色素細胞「メラノサイト」が何らかの原因によって、なくなったり、減少したり、あるいは活動を停止してしまうと起こります。白髪の主な原因をあげていくと、次のようになります。

  • 加齢(老化)によるもの
  • 栄養不足・睡眠不足などの生活習慣の乱れ
  • 病気
  • ストレス
  • 遺伝
  • 紫外線ダメージ
  • 髪や地肌の環境悪化(乾燥、血行不良など)

これらは、「メラノサイト」の活動を弱めたり、妨げたりするもの、すなわち白髪の元を作ってしまうことになります。白髪の原因は1つだけでなく、様々に絡み合った上で白髪を生み出していると考えられています。

遺伝や加齢、病気など、自分だけではコントロールできない原因もありますが、生活習慣を改善したり、ストレスや紫外線などを上手に回避することは、自覚して工夫することでできることです。特にタバコや無理なダイエット、逆に運動不足がたたると、身体にはもちろん、白髪にも悪影響です。

また、最新の研究結果から、紫外線からくるダメージも白髪の原因になることが分かってきています。紫外線の強い時期はもちろん、帽子や日傘など、髪の毛や地肌を紫外線からカバーすることは重要な対策になります。

白髪は見つけると気になり、増えるのが心配になったり、ショックだったりします。ストレスが原因で白髪になることもありますが、白髪ができたこと自体がストレスになってしまい、余計に白髪を増やしてしまうことのないよう、上手に付き合っていきたいですね。

老化を防ぎ栄養豊富なアサイーを摂ろう

白髪の大きな原因の1つは、もちろん加齢によるものです。そのため、改善・予防のためには老化を防ぐことが重要です。また、栄養不足やバランスが悪いと、髪がパサパサになってしまいます。

老化に抗いつつ、栄養に優れたフルーツとしてお勧めしたいのがアサイーです。強力な抗酸化作用を持つ成分が豊富なので、若々しさを保つのに最適となります。

詳しい効果については、アサイーの効果を徹底検証!【アサイー研究会】のサイトをご覧下さい。